限度額を低く設定する

カードローンの審査基準

急な出費の際に頼りになるカードローンですが、カードローンの審査基準はどのように設定されているのでしょうか。まず、カードローンとは、審査を通過することで銀行からお金を借りることができるキャッシングサービスになります。同じローンでも住宅ローンやマイカーローンなどの大口融資とは違い、1万円から50万円ほどのお金を借りる小口融資であることが特徴です。小口融資の場合は大口融資に比べると金利が高めに設定されていますが、保証人や担保が不要で審査基準は比較的甘めです。安定収入のある正社員や公務員はもちろん、カードローンの種類によってはパートやアルバイト、夫が安定収入のある専業主婦の場合でも審査を通過できる可能性があります。

審査を通過しやすくするためには

前述したようにカードローンの審査基準は比較的甘めに設定されてはいますが、審査を通過するためには安定収入があるか配偶者や家族に安定収入があることが前提になります。さらに審査を通過しやすくするために、最初の審査申し込み時の限度額を年収の3分の1程度に設定しておくと良いでしょう。いくら安定収入があったとしても、借り入れの限度額が年収と同じ、もしくは年収を超えるようであれば返済能力を疑われて審査を通過できない可能性があります。また、一度審査を通過すると、利用状況に応じて限度額を上げることも可能になります。借り過ぎに注意し、計画的に返済できる範囲であれば、後から必要な分だけ限度額を上げると言うのも一つの方法でしょう。