カードローンの審査で大事な事

限度額を低く設定する

急な出費の際に頼りになるカードローンですが、カードローンの審査基準はどのように設定されているのでしょうか。まず、カードローンとは、審査を通過することで銀行からお金を借りることができるキャッシングサ…

正社員になってから審査に申込む

現在、カードローンの審査はほぼ半自動で行われています。申込者の属性データをプログラムに読み込ませ、たとえば、職業が「無職」であればマイナス点をつけ、「公務員」であれば大幅に加点するといった風にして…

借金が少ない事が大事

債務額が多い人に貸すと貸し倒れの危険がある

カードローンの審査では、ほかの貸金業者からどれぐらいの借り入れがあるのかという点がかなり重要視されます。もし、年収が500万円ほどで既に150万円の借金をしているという場合、審査の結果はあまり芳しいものではない可能性が高いでしょう。債務の総額が年収の三分の一近くになっているからです。もし、個人は年収の三分の一までしか借り入れができないという、総量規制のルールを遵守した場合、カードローン会社はあと20万円程度しか貸すことができません。この程度の額だと、審査に通してわざわざ貸したとしてもあまり利益を得られませんし、また、貸した途端にすぐ債務整理をされでも困るので、多くの貸金業者は契約を拒否することが多いのです。

まったく借金をしていない人が敬遠される場合も

基本的に他社からの借り入れが少なければ、新規申し込みの審査に通る可能性が高まりますが、唯一、例外があります。それは一定の年齢に達しているにもかかわらず、借金が存在しないという人に対しての審査です。クレジットカードも持っておらず、なんのローンも契約していない中高年というのは、以前、自己破産や任意整理をしている可能性があると疑われやすいのです。もちろん、今まで「借金するのは性に合わない」という理由でカードを作らなかったけど、やはり、カードローンと契約していると、いざというときに便利だと思い直して申し込んだという人もいるでしょう。そういう状況で審査に通らない場合は、スマホの分割払い契約など、ちょっとしたローンを組んでからカードローンに申し込んでみるというのも一つの手です。

審査に通りやすい人

今働いている職場の勤務年数が長い

お金を借りたい時に、カードで簡単に借りられるサービスがカードローンですが、その審査で重要になるのは勤続年数です。勤続年数が長いと審査が通りやすくなるばかりか、借り入れることが出来る金額がアップする…

月収が高くてボーナスがある人

融資にも色々な種類がありますが、カードローンは特に多くの人に選ばれています。まず多くの消費者金融や銀行はインターネットからの申込に対応していますので、来店する手間がなくいつでも好きなタイミングで申…

金融業者の借入の返済で滞納や延滞したことがない人

カードローンは一時的に現金を借り、収入の状況に合わせて返せて便利です。利用する時はどのような人が借りられるか理解し、仕組みを確かめて申し込む必要があります。銀行は審査の際、申込者の信用状況を調査し…

カードローンで行う返済とは?

カードローンとは借金の返済をクレジットカードで毎月ごとに分割して返済していく手法です。借金の返済と共にカード会社独自の恩恵を受け取ることのできるサービスも存在します。